お茶のいい香りに包まれて☆坂元製茶舗さん☆

2013-04-18

みなさま、ご無沙汰ですねー^^ダンくん久々の登場です!

この間、嬉野の坂元製茶舗さんにお邪魔したよ!その時のことが明日発行のfit224号の中の「知って!!よんなな」に記事になってるからぜひ見てみてね!!

それでは、さっそくレポートGO!

坂元製茶舗さんがあるのは、佐賀県嬉野市。
地図

温泉とお茶で全国的にも有名な場所だよね^^
ダンくん憧れの温泉(水気が苦手なダンくんだけど、温泉に入りたい願望はあるんです。。。)と歴史ある美味しいお茶!
嬉野は古くからお茶の産地のひとつで、長崎の「大浦お慶」が幕末に嬉野茶で諸外国と貿易していたことでも有名!(日本史の教科書で出てきたねー)

 

嬉野の山間、穏やかな街並みの中に坂元製茶舗さんはあります。
DSC_1863

お店の中に入るとこんな感じでたくさんの商品に迎えられます!
DSC_1819

そして早速お茶でお出迎えしていただきました!
ゴクゴク、ごくん。
うーん、美味しい!
DSC_1810DSC_1812DSC_1814

このお茶、抹茶ではなくて挽き茶といってお茶の葉を粉末状にしてそのまま飲めるようにしたものなんだ!(今回は茶せんでたてていただいたよ!お茶屋さんならではだねー。贅沢!)
お茶の葉の栄養も一緒に採れるし一石二鳥だねー^^
(茶せんでたてなくても、ペットボトルに入れてシェイクすれば簡単だよー)

坂元製茶舗さんは昭和13年頃からお店を始められたそうです。
当時は「山師」といって、山にまつわるアレコレを商売にされてたそうだよ!
※山師=山林の買付けや伐採を請け負う人。

そんな中で「お茶」の卸問屋もやってらっしゃったそうなんだ。
その後、「お茶」専門に商売を続けられて、「坂元製茶舗」さんとしていまもお茶屋さんを続けられています。
DSC_1859(山師の頃のなごりで、軒先に”まき”が並んでるでしょ?^^)

 

ところで日本茶ってみんなどんなイメージ??
ダンくんは、食事のあとや一息つきたいときにみんなで飲むイメージなんだぁ。
お湯呑ならべて、味が同じになるように少しずつ注いでいく・・・

でも「お茶を飲む」ということが、時代とともに変わってきてるのかなぁって。
お茶やお水がペットボトルで売り出されたときは「お金出して買うものなの?」ってびっくりしてたけど、今じゃ当たり前にコンビニやスーパーで買っちゃうもんね。

お茶がジュースと一緒に並べられてて、「清涼飲料水」の仲間として売られてる。
手軽に楽しめるものだけど、「嗜好品」のひとつでもあるんだよ。

「喉を潤す」だけではない、”ひと心地つくもの”でもあるし、コミュニケーションツールとしても使える大事なものなんじゃないかな・・・とダンくんは思ってるよ^^

 

坂元さんにお話を聞かせてもらったよ!
DSC_1820

「ダンくん、うちではたくさんの人にお茶を飲んでほしいから、
いろんなタイプのお茶をオリジナルで作ってるんだよ!」

DSC_1825

コラーゲン挽き茶に、ヒアルロン酸入り挽き茶、インスタントティー、花粉症の人にもってこいの「べにふうき」などなど。

DSC_1832

ふむふむ。

「単身世帯が増えたり、生活様式が変わったことで ”急須を使ってお茶を入れる” っていうことが少なくなってきています。お茶殻が出ることも嫌厭(けんえん)される要因の一つなのかな?と思って、
”急須を使わなくても飲めるもの” や ”お茶殻がでないもの” に特化した商品づくりをしています。」
とのこと。

たしかに、一人暮らしだったりお茶を飲むときにひとり分だけだったら急須を使うのおっくうかもなぁ。。。
そんなときティーバッグだったり、粉末だったら飲みやすいよね^^

あ、そうだ!
新商品で【Premium Tea Bag】が今日から買えますよ!

坂元製茶舗さんのオリジナル茶缶で、高級茶葉をティーバッグで気軽に飲めちゃう!
ダンくんおススメー!ぜひどうぞ^^

 

続いて、お茶の加工場にお邪魔したよ^^

DSC_1839

これは「荒茶」といって茶葉生産農家さんから仕入れたお茶なんだ。
生産農家さんが、お茶を摘んでから蒸したり熱したり、もんだりとお茶屋さんの要望に応えて加工したものだよ!

この荒茶にさらに手を加えることによって、理想とするお茶の味や香りに近づけていくんだ!

「この荒茶はこれから火入れの作業をして仕上げるんだよ。」DSC_1858
へー、なるほどー!

静かに、でもたしかに荒茶は「お茶っぱ」になっていきます。

DSC_11844DSC_1845DSC_1849DSC_1854

坂元さんの手によって、「美味しいお茶」になりました^^
(写真ではお伝えできないんですけどお茶のいい香りがむんむんしておりました。お茶の香りって落ち着くー)

「火入れ」にはお店ごとに違いがあるんだって。
お店が作りたいように、イメージ通り・理想通りに仕上がるように調整されてるんだっ!

このいい香りの中、どんな味の・どんな色のお茶に仕上がったんだろうね^^

気になる方は、47CLUBからお取り寄せできるよー!
覗いてみてね!!

 

伝統でもある「日本茶」
”ひとここち”つくためのツールとして、コミュニケーションのツールとしても使える「お茶」

どうぞあなた好みの一品をお探しください!

ダンくん

Share on Facebook